会社経営と法人税

会社経営と税金について

経営と法人税という税金について

経営者になると、法人税の申告をしなければなりません。税理士などに代行をお願いすることも可能ですが、税金は納めなければなりません。企業としては、利益を上げなければなりませんが、利益を上げると沢山かかるのが法人税です。また、銀行などの融資を受けるためにも、利益を沢山上げたいと思う人が多いですが、節税したいなら、利益を抑えたいと考える人も多いです。経営者は両立できないかと考え、あれこれと工夫する人もいます。税務上は赤字で、銀行に提出する財務諸表は黒字にするような企業もないわけではありません。しかし、不自然な処理が必要になるので、おすすめはしません。

会社経営者が気を付けたい税金

会社を経営していて、注意しておきたいのが税金、とりわけ法人税についてです。法人税は会社の利益に対して課される税金なので、会社が赤字決算であれば課されないと思っている方も多いと思いますが、そうではないのです。これは、法人税は一般的な決算を行った後に、独自の調整を行ったうえで課税対象が決まるシステムになっているからです。例えば役員賞与は会計上は経費となりますが、法人税の計算上は損金、つまり経費とは認められません。赤字決算だから法人税の心配はないと思いこまないように、会社を経営している場合は税理士などによく確認しましょう。

↑PAGE TOP