会社設立時の形態とは

会社設立時の形態について

会社設立時の形態で費用

会社設立を思い立ったとしても、すぐに会社は営業を開始出来る訳ではありません。会社設立をきちんと届け出をしなければなりません。その届け出に関して、会社の形態が株式会社なのか、合同会社なのかによってかかってくる費用は変わってきます。会社を作ったばかりの経営者は少しでも費用を抑えたいと考える方が多いとは思いますが、会社の性質上将来的に上場することが出来るのは株式会社である必要があります。会社の将来を見据えて会社の形態を決めるようにしましょう。

↑PAGE TOP