経営に要求される納税

経営者が考慮すべき税金

経営者が注意したい税金と消費税

経営者として頭を悩ませるのが税金の支払いです。法人税や事業税などもありますが、注意しておきたいのが消費税の納付は待ってくれないという点です。これは他の税金との大きな違いです。これは、そもそも商品を売り上げた際に顧客から預かっているという形だからです。消費税は間接税で、商品を売り上げた企業側が納付する規則になっており、預かっているだけなのだから納付を待つ必要はないという考え方があるからです。経営がうまくいかず資金繰りが苦しくなると、つい他の支払いに回してしまいそうになりますが、この事をしっかりと踏まえておきましょう。

企業経営に必要な税金

企業は経営活動を通じて社会に貢献し、自社の発展を社会経済の進展に寄与することが求められます。その一環として、法人成りした企業には、次の9の税金を納めることが義務付けられています。それは、法人税、法人住民税、法人事業税、地方法人特別税、消費税、印紙税、登録免許税、所得税、固定資産税から成る9の税目です。また、この他にも、償却資産がある場合は償却資産税が課されるほか、自動車を保有する企業の場合には、自動車関連の税金を納める必要もあります。これらのうち登録免許税などは、必ずしもすべての法人に課せられるものではありませんが、企業経営を進める中で念頭に置いておく方が無難と言えます。これらをすべて掌握しておくのはかなり困難ですから、多くの企業では税理士や公認会計士などを活用し、その処理を進めています。

↑PAGE TOP