経営利益と税金とは

経営者が忘れがちな印紙税

経営者が知っておきたい印紙税

経営者として知っておきたい税金として、印紙税があります。領収書を作成したときや、基本契約書などを取り交わした時に収入印紙を貼ったうえで押印することで納税することになります。ですので直接税務署に申告をして納付するという税金ではありません。経営の観点から考えると、押印した時点で納付したことになりますので、書類を作成した期の費用と考えればいいでしょう。印紙税額は作成する書類や文書の種類、さらには金額などによって変わってきます。収入印紙自体は郵便局などで購入が可能ですし、金券ショップで購入が可能なケースもあります。

経営と税金の繋がりを考える

経営者は、会計上の租税と税法上の租税が異なることをはっきり認識しておいたほうがよいでしょう。会計と税法の租税に対する考え方が違う場合が多くあります。法人税など利益に課税される租税は、会計上の利益に対して課税されるのではないのです。会計上の利益に様々な調整をしたうえで課税されるのです。例えば、法人税や法人地方税は会計上経費として認識されますが、法人税法は経費として認識されません。ですから、経営者は、利益があがったので法人税を多く納めるため資金繰りが厳しくなる、とは限らないのです。逆の場合もあります。ですから、税金に関しては税理士などの専門家に計算してもらったうえで、事業計画を検討してゆく必要があります。

↑PAGE TOP