経営計画と税金負担

経営に必要な税金負担

経営者が知っておきたい税金

法人成りをしないで、個人事業主としてお店などを経営している場合の税金として、代表的なものが所得税です。個人事業主として事業を行っている場合、その儲けは事業所得として課税対象となります。その計算方式は意外と単純で、売上などの収入から経費を差し引いた利益を所得と呼び、それが課税対象となります。お店などを経営している場合、そこから社会保険控除や医療費控除など様々な控除を差し引いた金額が課税標準と呼ばれ、所得税計算の基準となります。また個人事業主の場合は確定申告が必要になりますので、忘れないようにしましょう。

経営計画には税金負担を忘れずに

起業を考えるとき、様々な経営シュミレーションをします。事業を立ち上げるのですから、アイデアがあるはずです。それに基づいて製品開発し、売り上げ確保、資金繰り、不動産、経費、利益が出たときの法人税、などなど数年先まで、何通りか経営シュミレーションが必要です。ところが、事業が始まると想定していなかった税金が負担になって資金繰りに窮する場合があります。一つは、従業員の所得税や住民税です。従業員の給与から天引きする制度を知らないでいると、まとめて、追徴されます。もう一つは消費税です。法人設立して2期は消費税は関係ないと思っていませんか。今は大きく改正されています。消費税は場合によっては企業の存続に係る問題ですから専門家とよく相談しましょう。

↑PAGE TOP